化学、バイオ専門の特許事務所です。特許出願 特許申請 商標登録 のことならモリモト特許商標事務所へ。弁理士 森本敏明が対応します。

バイオ・化学の特許事務所をお探しなら、モリモト特許商標事務所

特許事務所にお任せ
 
モリモト特許商標事務所 (→ English)
代表/弁理士  森本 敏明
〒107-0052 東京都港区赤坂2-21-15 赤坂OSビル5F (→ アクセス)
TEL: 03-3568-2413(代)/ FAX: 03-3568-2414
Mail: info@m-ip.jp
特許事務所にお任せ
 
検索

事務所 概要
特許に関する業務
商標に関する業務
意匠に関する業務
知的財産権の紹介
化学・バイオの基礎
科学と法律の世界
特許事務所  >  生物工学概論  >  Human Nutrition from the biotechnological viewpoint(1)

 

Human Nutrition from the biotechnological viewpoint(1)

 

★4.1 General view
        ・H"O,Water,水,(Aqua-) → これらは口から摂取される。溶存酸素(OD)
Bulky  

        ・Carbohydrate(炭水化物)
        ・Protein
        ・Fat(Lipid)→ 酸化 → 過酸化脂質(Superoxide) → 成人病,癌,老化
        ・Vitamins
        ・Minerals(Inorganic compounds)

4.2 "PUFA" → 必須栄養素(的)
Poly unsaturated fatty acid(s)
  多価 不飽和   脂肪  酸

   ω/CH!-CH"-CH=CH-OH"-------COOH/α
                ↑
               不飽和

ω3系列;α-リノレン酸(18:3)→→EPA(20:5)→DHA(22:7)

  ω6系列;リノール酸(18:2)→γ-リノレン酸(18:3)→→アラキドン酸(20:4)
                                                                                                      →PG
ω7系列;パルミチン酸(16:0)→パルミトイン酸(16:1)

ω9系列;ステアリン酸(18:0)→オレイン酸(18:1)→・→エイコサトリエン酸

                                                                                                (20:3)

   ※ω3系列;ωから数えて3番目の炭素に二重結合が現れる脂肪酸
(18:3) = (炭素数が18,二重結合数が3)

  ※PG(プロスタグランジン)は生体内で広範囲に極微量で聞く。

・PUFAを多く含んだ食物

                  食物油(γ-リノレン酸など)
  魚油 (EPA,DHA)など



・理想量
(EPA+DHA)/AA = 0.8      >0.8  出血傾向
<0.8 血栓形成傾向

・魚油は普通量だと体にいいが,多すぎると害になる。

    -C=C-が酸化されて,過酸化脂質ができる。

野菜は抗酸化剤なので,野菜と一緒に食べればよい。

★4.3  Minerals
  Ca,Mg,Na,K,P,S,Cl,trace elements(Zn,Fe,Seなど)

・Caは一日に,600~700mg必要。caseinタンパクと複合体を形成して腸に吸収さ れる。

・NaとKは一日に,10mg必要。多すぎても少なすぎてもダメ。

★4.4 Vitamins
 
                A → β-carotene(V.Aのなかでも強いScavenger)など
anti-superoxide 

                 E  → α-tocopherolなど (抗酸化剤)    

                 C  → L-ascorbic acid,果物や野菜からとれる。

                 D → elgosterol
                 B  → thiamine(B),ribofavin(B)など

※ A,E,Dは脂溶性,C,Bは水溶性。

※ 人参は,corotene,C,Cal,食物繊維そして葉酸(folic acid)が豊富。

・β-corotene → 2 V.A. → 生理活性

過剰分は,脂質に溶けて五日間体内に蓄積。

・ニコチンは,神経伝達物質であるアセチルコリンの量を減らす。


★4.5 食物繊維(Dietary-fiber)
腸管で吸収されずに,通過する高分子性のもの。植物から,セルロース,へミセルロース,ペクチンなどがとれる。一日あたりの所要量は,20~25gである。その働きを以下に示す。

      (1)腸のぜん動運動促進(便秘防止)→V.C
      (2)重金属のトラップ
   (3)Bifidobacteriumの培養基(オリゴ糖など)として機能

 

 

化学、バイオの特許事務所をお探しなら、化学・バイオ専門のモリモト特許商標事務所


>>> 化学、バイオの特許事務所をお探しなら、化学・バイオ専門のモリモト特許商標事務所

 

 

プリンタ用画面
前
Ecology and Biotechnology
カテゴリートップ
生物工学概論
次
Human Nutrition from the biotechnological viewpoint(2)
© 1999-2013 Morimoto & Associates